田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ついに最終話!『HERO』第1話ロケ地が田町にあった!?

『HERO』が13年ぶりに復活!
ロンバケ世代としてはキムタク主演の『HERO』は嬉しすぎる復活。しかし始まりがあれば終わりがある・・このやるせない思いをどこにぶつけたらいいんだ・・

そうだ!ロケ地に行ってみよう。
田町に『HERO』のロケ地ってあるのかな。

早速グーグル先生に聞いてみると、

「あるよ!」(St.George’s Tavernマスターの声で)

というわけでこちら!

ぽつん

旧海岸通りにぽつんと存在する「ホルモン はるみ」(港区芝浦4-7-13)

看板の「ホルモン」や「やきにく」という手書き文字がかわいい

高層マンションやオフィスビルが連なる無機質なエリアに、ひなびた木造長屋風な建物が・・

えっこれセットじゃないの!?

「HERO」「タンポポ」のロケ地でした

店主に了承を得て店内も撮影させていただきました。
「ホルモン はるみ」はこの地でお店を構えて60年。元々焼肉屋さんでしたが途中1年だけラーメン屋さんに転向したこともあるそう。
ラーメンといえば、さびれたラーメン屋を立て直す伊丹十三監督の映画「タンポポ」でもロケ地として提供されていたとか!

見れば見るほどセットみたい

長年使い込まれた感がすごいです。なんだか深いです。
年月だけじゃなくて常連さんたちの愛情も一緒に刻まれているよう。
ただ残念なのは、2015年3月頃には建物の取り壊しが決まっているそうで、この味わい深い建物ももうすぐ見納め!いま移転先を探しているそうです。

「俺が払うって」「結構です」のシーン
※イメージ

こちらのロケ地は2001年の『HERO』第1話で「磯濱食堂」として登場。

久利生公平(木村拓哉)と雨宮舞子(松たか子)が一緒に食事をして出てきたところ。

かたくなな雨宮さんとつかみどころのない久利生検事のちぐはぐな掛け合いがいい!
このお店に行ったらぜひ湯気で眼鏡を曇らせて雨宮さんになりきるか、そんな雨宮さんをじっと見つめて「殻取っちゃったほうがいいんじゃないの」と久利生検事の台詞を言ってみたい!

「あれっどこ行くんですか!」
※イメージ

逆方向に歩き出す久利生検事に「あれっどこ行くんですか!」と追いかける雨宮さん。

ちなみに取材時に「あれっどこ行くんですか!」と言ってみました。
そして小走りに走ってみました。

いいですね!

やってみるとかなり雨宮さん気分満喫できます!!
まるで目の前に久利生検事がいるよう、ていうか見えてくる。

たぶん通りすがりの人は大人のマナーを持って完全無視またはどん引きのアイコンタクト&嘲笑を送ってくれることでしょう。こちらも軽く微笑み返しで危険人物ではないことをお伝えしましょう。

すたすた
※イメージ

すたすた歩いていく久利生検事を追いかける雨宮さん。

ダウンのポケットに両手を入れてあくびまじりにすたすた歩く・・
それだけでキムタク、いや久利生検事。
後ろから雨宮さんが追いかけてると思ってスイッチオンするともうそこは『HERO』の世界!

あーやっぱり『HERO』楽しいな!

と、ロケ地にどっぷり浸っていたら、前回の記事でお世話になった弓削さんからさらに別のドラマロケ地情報が!!

『HERO』以外のキムタクと松さんの「月9」ドラマ!?
そ、それはもしかして・・・・・

『ラブジェネレーション』では!?

平成ジェネレーションズに説明しよう!通称『ラブジェネ』は木村拓哉と松たか子が演じる負けず嫌いなふたりのラブストーリーなのだ。
平均視聴率30.8%(!)という超人気ドラマで、当時「月9」としては過去最高記録。その記録を後に『HERO』が塗り替えたとか・・!(※ウィキ先生情報)

主題歌は大滝詠一の「幸せな結末」。
なんと今年、鈴木雅之が松たか子とデュエットでカバーしていたんですねぇ。

弓削さんによると『ラブジェネ』の舞台となったマンションがまだ田町にあるという。。
調べてみるとマンション以外にもロケ地が発覚!
さっそくロケ地めぐり開始〜。

まずはこちら!

ラブジェネでたびたび登場したマンション

片桐哲平(木村拓哉)が暮らすマンション。(芝浦一丁目交差点)
撮影時は1階がカレー屋さんの設定でしたが現在はシャッターが閉まっていて不明でした。もしテナント募集中だったらここでいつかカレー屋さんを・・!という野望は捨てきれません。

フランス窓風な長い窓や柱のモチーフもかっこいいマンション
※イメージ

哲平や上杉理子(松たか子)が何度も歩いたり走ったりしたマンション前。

「ちょっ、待てよ!」
※イメージ

部屋を飛び出したら走って追いかけるのは王道!

このドラマではキムタク、いや哲平の
「ちょっ、待てよ!」を存分に満喫できます。

昭和ジェネレーションズとしては哲平になりきってここからダッシュをかますのも、理子になりきって手品道具を持ってたたずむのも自由ですが、周りの迷惑にならないよう十分ご注意ください。

続いてはこちら!

芝浦運河にかかる百代橋

哲平のうそに耐え切れず部屋を飛び出した理子がやってきた橋。(百代橋:ももよはし)
「芝浦CANAL CAFE」から運河沿いに三田警察署方面へ向かうと左手にあります。

中条きよしの「うそ」をくちずさむ理子
※イメージ

橋の欄干によりかかって中条きよしの「うそ」を歌う理子。

理子のように、相手のうそでやりきれない思いに捕われてしまったらここで「うそ」を口ずさんでみるとデトックス効果があるかもしれません。

ただ世間ではちょっとおかしな人か酔っぱらいと思われること間違いなしですのであらかじめご了承ください。

「聞きたくない!聞きたいのは哲平があたしのことを好きかどうかって、そのことだけだよ」
※イメージ(このイラストじゃ1ピクセルも伝わらないと思いますが理子がかわいすぎてやばいです)

本当の理由を話そうとした哲平に

「聞きたくない!聞きたいのは哲平があたしのことを好きかどうかって、そのことだけだよ」

という名セリフが登場したシーン。負けず嫌いでピュアすぎる理子がめちゃくちゃかわいい〜!

間違っても「パワポにその要因と内容をまとめて損失は具体的なグラフにして改善案を提示して!」なんて言ってしまってはこうなりません。

そしてこちらも!

芝の歩道橋

走り去った理子が辿り着いた歩道橋(第一京浜にかかる芝の歩道橋)

走る走る哲平
※イメージ

理子を走って追いかける哲平

当時のドラマのヒロインはよく走り去ります。
そしてヒーローも追いかけてよく走ります。

「未練捨てましょごっこしよっか」
※イメージ

理子が「未練捨てましょごっこ(※)しよっか」と哲平を誘うシーン。
この後レインボーブリッジからお台場へと歩いて移動・・到着したのは夜明け。総距離およそ4.6km。意外と歩けそうな・・いやいや昭ジェネに無理は禁物。よい大人はマネをしないでね!

※この“ごっこ”というのがなにげに深い。またひと昔前だったら小っ恥ずかしかった行動もいまじゃ眩しいくらいに輝いてる!

ちなみに哲平のお兄さんの職業は検事。
「ラブジェネ」のふたりはその後「HERO」の検事と事務官として共演!なんだか運命的・・!?

これにてロケ地めぐりは終了〜。

なんだかやるせない気持ちになったら田町で『HERO』または『ラブジェネ』ごっこ、おすすめです。

 

フジテレビ「HERO」番組オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/HERO/

 

Share (facebook)