田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

田町のお祭りに“あの”世界的に有名な企業が出店してた!

2016年にバンダイナムコエンターテインメントの本社が東品川エリアから田町エリアに移転したときは、おぉ、あの世界的な企業が田町エリアに!とざわざわしたものです。とはいえ、田町新聞がとくに接点をもてるはずもなく。せっかく田町エリアにあるのになぁ〜、取材とかできないかなぁ〜なんてモヤモヤしていました。

bandainamcoent01
札の辻すぐ脇にある近未来的なビルが丸ごと本社ビルで、ほかにもグループ会社が複数入っているそう

ところが、先日(7/20)の慶仲祭のチラシを何気なく見ていたら・・・

bandainamcoent02
あれ?もしかして?

なんと、超ローカルな地元のイベントに参加してる!

勝手に超ビッグ企業だからお高くとまってるんじゃない?なんて思っていて(思ってたんかい!)ごめんなさい!

これはチャンス!ということで慶仲祭当日、ブースに伺ってきました。

bandainamcoent03
対応してくださったのはバンダイナムコエンターテインメント コーポレートコミュニケーション部 BNJ PROJECT 担当の菊田政仁さん

田町新聞
「まさかバンダイナムコエンターテインメントさんが地元田町のお祭りに参加してるとは思いませんでした」

菊田さん
「昨年からですね、今年が2回目です」

田町新聞
「参加されたきっかけは?」

菊田さん
「せっかく田町エリアに移転してきたのだから、地域のみなさんにバンダイナムコエンターテインメントをもっと知ってもらいたいという思いがあって、2016年に慶応仲通り商店街さんで“アソビきれない芝三田なぞなぞ”というなぞなぞのイベントを行ったんですよ」

田町新聞
「え!そうだったんですか!田町新聞を名乗っておきながら色々とキャッチできておらずすいません・・・」

菊田さん
猛省してください。というのは冗談で 笑
そのときは12店舗くらいの飲食店の皆さんにご協力いただいたんですが、そのイベントをきっかけに、慶応仲通り商店街さんと仲良くさせていただいて」

田町新聞
「なるほど、それで昨年から慶仲祭にも、ということですね」

bandainamcoent04
慶仲祭は複数の会場で行われていたのですが、バンダイナムコエンターテインメントさんは第2会場(建築会館イベント広場)にブースを展開

bandainamcoent05
あっという間にたくさんのファミリーが来場しブースは大混雑に・・・

田町新聞さん
「慶仲祭のブースではどんな体験ができるんですか?」

菊田さん
“三田の街並みをペーパークラフトで作ろう!”という内容なのですが、あ、じゃあ実際に体験してみます?」

本来、お子さん向けのイベントなのですが特別に体験させていただくことに。

STEP1
bandainamcoent06
まずはiPadを使って自分だけの建物をデザイン(立方体の底面を除く5面にイラストなどを配置)します

bandainamcoent07
パックマンやゼビウスなどのキャラクターも自由に配置できちゃいます

これはお子さんよりもむしろおっさん達が盛り上がる気が・・・

bandainamcoent08
ちょっとこだわれば、こんな感じに文字を入れることも

bandainamcoent09
お子さんたちに混じって真剣に取り組む汗だくなおっさんがひとり。当日参加されたみなさんに、この場を借りてお詫び申し上げます。。。

STEP2
bandainamcoent10
デザインが完成したら、係の人に伝えるとペーパークラフトを印刷してくれます

一度通常のプリンターで印刷したものを専用の台紙に貼り付けて、カッティングマシンに入れると・・・
bandainamcoent11
なんということでしょう~ きれいに立方体の元となる部分がカットされます

STEP3
bandainamcoent12
カッティングマシンで折り目まで入っているので組み立ても簡単

bandainamcoent13
最後は底面に糊付けして三田を再現した大きな地図の自由な場所に取り付け。大人げない田町新聞は少しでも目立ちそうな田町駅のそばに置きました
bandainamcoent14
参加したみんなで三田の街を完成させていきます

bandainamcoent15
終わるとこんなプレゼント(オリジナルのマグネット)までもらえちゃう!

道具がいらないので小さなお子さんでも簡単に参加できる点やキャラクターで興味を引くしかけなど、さすがバンダイナムコエンターテインメント!地元のお祭りとはいえクオリティが高いな〜と感心しちゃいました。

田町新聞
「菊田さんはじめ、今回参加されている皆さんはどんなメンバーなんですか?」

菊田さん
「私はBNJ PROJECTのメンバーなのですが、そのメンバーを中心に社内でメンバーを募りました。なので普段の仕事はみなバラバラですね」

田町新聞
「BNJ PROJECTとは?」

菊田さん
「バンダイナムコエンターテインメントが取り組む地域協働プロジェクトです。社内ビジネスコンテストから生まれて3年前にスタートしました」

bandainamcoent16
こちらがBNJ PROJECTのWebサイト。キャッチコピーは“日本をモットアソぼう。”

田町新聞
「具体的にどんなことを?」

菊田さん
「それまでも地域の施設と組んでイベントをするなど、日本各地での施策は社内でも色々と行われていました。でも商品・サービスごとのプロモーションの取り組みがほとんどで、会社単位ではなかったんです」

田町新聞
「それで社内横断の・・・」

菊田さん
「そう、何かやってみたいという地域の皆さんとバンダイナムコエンターテインメントのコンテンツをつなぐ窓口として我々を使ってもらいたい、それによって日本全国にエンタメを届けたい!という思いからスタートし、活動しています!」

bandainamcoent17
急にスイッチが入り熱く語る菊田さん

菊田さん
「まぁでも実はこのプロジェクトが始まったときは、これを絶対やるという施策は決まってなくて、3人のコアメンバーもなぜか全員地方出身ではないという・・・」

田町新聞
ずこっ!!
いや、思わず口で言っちゃいましたよ」

菊田さん
「ハハハ、今ではおかげさまで日本各地からお声がけいただくようになって。我々も色々な地域の魅力に触れて、自分たちにできることはないかと日々考えながら楽しくやっています」

bandainamcoent18
慶仲祭でもオリジナルうちわの配布など、地道な活動を菊田さんはじめBNJ PROJECTのメンバーが積極的に行っていました

うん、初心を忘れちゃいけないよな・・・。田町新聞も遠くからそっと語りかけます。(いや、誰目線よ)

田町新聞
「それは素晴らしい。こういう施策はやはり地方自治体とかと協力して行うんですか?」

菊田さん
「そうですね、地方自治体や観光協会などの団体さんと組ませていただくことは多いですね」

田町新聞
「なんかお堅いイメージもありますが・・・」

菊田さん
「私もそれまで全く接点がなかったので心配してたんです。でも実際お会いしてみると “僕は子供のころ、ゼビウスにはまっていてね〜”なんてニコッと話してくれることも多くて。そんなときはこの会社でこの仕事をやっていてよかった!と思えます」

田町新聞
「くぅ〜〜〜ぐっと来る!」

菊田さん
「ゲームに対する先入観もなく、むしろポジティブに面白いことをやろうとお声をかけてくださることが多いのは自分でも嬉しい発見でした」

ちなみに菊田さんはゲームのプロフェッショナル。BNJ PROJECTに参加する前は品質保証のチームで1日7.5時間プレイして開発中のゲームソフトの不具合を報告し続ける!なんていうゲーム開発の重要なお仕事も担当されていたとのこと。当時の話も聞いてみたら面白そう!

田町新聞
「地方ではないですが、ぜひ地元田町でもBNJ PROJECTのお手本になるような施策をもっともっとやっていただきたい!」

菊田さん
「そうですね、田町エリアでももっとバンダイナムコエンターテインメントを知っていただけるように、色々とできるといいですね」

ということで、お祭りの真っ最中にも関わらず嫌な顔ひとつせず対応してくださった菊田さんはじめバンダイナムコエンターテインメントのみなさんありがとうございました!

bandainamcoent19
お子さんたちの好奇心に満ちたキラッキラな眼差しに、日々の仕事で疲れて枯れた田町新聞の心もだいぶ潤った気がします。本当にありがとう・・・

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※ペーパークラフト施策は『i-DESIGNER(アイデザイナー)』を活用しています。『i-DESIGNER(アイデザイナー)』は株式会社テクノア社製シミュレーションシステムです。
https://i-designer.com

田町新聞Facebookもチェック

Share (facebook)