田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

三田の「アルベルティーヌ」でフラワーアレンジメント体験!

三田といえばお花!
その昔、三田には生花市場(※)もあったらしいですよ。

※芝区三田四國町にあった「芝生花市場」のこと。

albertine_01

というわけで、
今回は三田にあるおしゃれなお花屋さん「Albertine(アルベルティーヌ)」で、フラワーアレンジメントを体験させてもらいました。

albertine_02
小さなお店なのにいろいろなお花やグリーンが溢れていてびっくり。

albertine_03
Albertine(アルベルティーヌ)共同代表/フラワーデザイナー 平野久実代さん

もともとはOLさんだったという平野さん。
OL時代、会社の華道部からフラワースクールに通うようになって、そこで一緒だった堀部美和さんと一緒にお花屋さんを始めたそう。

albertine_04
アルベルティーヌ共同代表のおふたり、平野さんと堀部さん

田町新聞
「なぜ三田でお花屋さんをやろうと思ったんですか?」

平野さん
「当時わたしが船橋に住んでいて、彼女が板橋に住んでいたので中間地点で・・(笑)」

田町新聞
「え?ちょっと待ってください・・船橋と板橋・・ここ中間ですか?(笑)」

平野さん
「ふふふ(笑)あと、前に働いていた会社の本社が芝にあって、そこで送別とかの需要があるかなと思って」

オープンして13年。
現在も会社のお祝いや送別用のご注文が多いそうですが、今回の体験レッスンや通常のフラワーレッスンではご近所の奥さまやOLさんが多いとか。
会社やお友達同士など人数がまとまれば出張レッスンにも来てくれるそうです。

田町新聞
「このへんお花屋さん多いですよね、違いってあるんですか?」

平野さん
「あると思います。花束とかアレンジとかうちはキュッとした感じで作ってるんですけど、もっと大きく空間使って作るとことか、まちまちな気がします」

田町新聞
「得意ジャンルとかありますか?」

平野さん
「わたしたちが修行していたところが日本にもあるフランスのお花屋さんで、“les mille feuilles(レ ミルフォイユ)”というんですけど、1,000の葉っぱという意味で・・グリーンをすごいいっぱい使うんです」

田町新聞
「へー!なんかかっこいい」

albertine_14
平野さんが修行していたles mille feuilles de liberte

平野さん
「逆に生け花の花材を探している方には和の花が少ないと言われます。なるべく枝ものは入れるようにしているのですが・・」

花束などでも希望のイメージがある場合は、平野さんがイメージにあったお花を仕入れに行くため前もって予約すると安心とのことです。
仕入れは週に3回ほど、なんと深夜2時~3時に起きて行くそうです!お花屋さんてそんなに早起きとは知りませんでした・・過酷!

田町新聞
「お花屋さんって結構肉体労働なんですね。お水は冷たいし、枝とか棘で手を切りそうだし・・」

平野さん
「はい、肉体労働です。手はすごい荒れるので見せるのが恥ずかしいくらい」

田町新聞
「あと・・お花屋さんって寒いですね・・(プルプル)」

平野さん
「あ!すみません。暖かい恰好で来てくださいというの忘れてた・・暖房はこれだけなんです(足元を温める小さなヒーター)」

田町新聞
「(天井のエアコンを指さして)この暖房つけることってないんですか?(プルプル)」

平野さん
「冷房しかつかいません。お花がだめになっちゃうから・・」

プルシェンコーーー!

と、心の中で氷上の皇帝の名を叫びつつ、フラワーアレンジメントスタート。

albertine_05
お花はバラとカーネーションとトルコ桔梗とスイートピー、
グリーンはアセボ、ピットスポラム、沈丁花、ハゴロモジャスミンなど盛りだくさん。

平野さん
「基本的なマウンドというかたちを作っていきたいと思います」

マウンドとは業界では半球形にまるくアレンジすることをいうらしいですよ。

もちろん田町新聞は初体験。
花ばさみを持ったこともありません。

平野さん
「今日はバラが主役です。1本は高めに他はバランスよく均等に挿すといいと思います」

こちらの店名「アルベルティーヌ」もバラの名前。
ツル性のオールドローズで優しいサーモンピンクのバラだそうです。

albertine_06
ときどき茎をカットするコツやお花の向きやバランスなどをアドバイスしてくれますが、基本的に自由にさせてくれる平野先生。

調子に乗ってざくざくと花や葉っぱを挿していく田町新聞。

albertine_07
ざくさく

albertine_08
ざくざく

albertine_09
あれ・・
なんかごちゃごちゃして・・密林化してきた(汗)

平野さん
「いらっしゃいませ~」

レッスン中もお客様が来店されています。お母さんに連れられた小さな女の子がじっとこっちを見てる・・もっさり密林化した謎のオブジェを・・「違うっまだ全然本気出してないから!」と叫びたくなる田町新聞。

田町新聞
「先生ーー助けてくださーい!!」

ただ挿していくだけじゃダメだった・・(泣)

albertine_10

平野さん
「ふふふ。大丈夫ですよ~」

平野先生の的確なアドバイスでちゃちゃっと直しただけで劇的にバランスが整いました。

albertine_11

田町新聞
「春がキター!」

ここまでのレッスンがお花代込みで3,240円(税込)。
体験レッスンだけにほぼお花代だけなのでオトクー!
ちなみにさらに続けたい人は1DAY LESSONやスクールもありますので詳しくはHPをチェックしてくださいね。

albertine_12

田町新聞の実力以上にステキな仕上がりに大満足!
キレイにラッピングした後はもちろんお持ち帰りできます。

albertine_13

アルベルティーヌのフラワーアレンジで一足早く春気分を体験してみませんか?
女性はもちろん、男性だって「これ作ってみた(照)」なんて、プレゼントしたらギャップ萌え間違いなし。

季節によってお花が変わるのも楽しいですよ。

——————–
ALBERTINE(アルベルティーヌ)

〒108-0073 東京都港区三田2-13-7
TEL&FAX 03-3453-6171
平 日 10:30 – 18:45
土日祝 10:30 – 18:00
http://albertine.info/
——————–

田町新聞Facebookもチェック

Share (facebook)