田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

移動式で業界最安値を実現!?芝浦のトランク倉庫に行ってみた

会社の机の上に何気なく置いてあったこちらのチラシ。
toun-wh_01
普段なら見過ごしてしまうのですが、少し前にたまたま個人的にトランクルームを探していた田町新聞。

その金額に目を奪われます。
toun-wh_02
1,870×1,040×1,950mmのスペースで
月9,000円!(税別)え、港区でこの値段は安くない!?いや、安いでしょ!

ちょっとネットで調べていただけるとわかりますが、
いわゆるトランクルームは同程度のスペースで1万円超えは当たり前。
また、一見安くても別途共益費事務手数料などがかかるケースがほとんどです。
その点、こちらのサービスは月9,000円(税別)のみ。
預ける荷物を持ち込めば、別途送料もかかりません。

でもなんでこの値段でできるんだろ・・・

ということで、ほぼ個人的興味な気がしますが、取材と称して伺ってまいりました!

toun-wh_03
グイーーーーーーーーン!!

フォークリフトを颯爽と乗りこなして登場した東運ウェアハウスの坂田さん。

いきなり巨大なダンボール箱を私達の前に運び出します。

こ、これは、忙しいのに取材なんかに来たから怒っているに違いない・・・汗

toun-wh_04
オラオラどけどけぇ〜!!(田町新聞の勝手なイメージ)

田町新聞
「す、すいません、お忙しいようでしたら取材はまたの機会に・・・」

坂田さん
「あ、いやいや、こちらが今回ご紹介するトランクなんですよ 笑」

田町新聞
「え?あ、そういうことだったんですね!あーよかった。フォークリフトで運べるんですね」

坂田さん
「そうなんです、保管場所を固定しないことで低価格を実現したサービスなんです」

田町新聞
「なるほどなるほど。お客さんが荷物を出し入れするときはこうやって建物の入口までトランクを丸ごと運んで持ってきてもらうと?」

坂田さん
「はい、基本的に5営業日前(土、日、祝日を除く)までに言ってもらえればこうやって事前に出しておきますので」

toun-wh_05
こちらのトランク、このように前面の板はマジックテープで固定されていて、ペリペリっとめくれば・・

toun-wh_06
簡単に丸ごと外して、荷物を出し入れできます。

あ、中のサイズ感なんかはこちらのオフィシャル動画のほうがわかりやすいですね・・・

衣装ケースが約45個も入るそうです!

田町新聞
「頻繁に出し入れしたい人には向かないけれど、そもそも頻繁に出し入れしたい場合はトランクルーム使わないですかね・・・」

坂田さん
「そうですね、やはり季節ものの洋服とか年に数回という方が多いですかね。あといわゆるトランクルームと違うのは、こうやってフォークリフトで移動しますので、精密機器などは中で崩れて破損しても責任が持てません、ということはお伝えしています」

田町新聞
「なるほど。後で壊れていたと言われても証明できないですもんね」

坂田さん
「はい、トランク自体が凹んでいたとか明らかな破損でない限りはちょっと。もちろん、丁寧に移動いたしますので宅配便などに荷物を預ける感覚で入れていただければまず問題ないかと」

toun-wh_07
せっかくなので扉を外したところで、大きさが分かりやすいように坂田さんと記念撮影をパシャリ。

toun-wh_08
こちらが斜め上から見たところ。ざっくりですが押入れ一個分(上段下段合わせて)を丸ごと預けられちゃうイメージです。家がだいぶスッキリしそうですね。

ちなみに保管場所は一般の方が入れる場所ではないのでセキュリティーはまず心配ありませんが、気になる方は、相談すれば前面の扉に南京錠のような錠も付けてもらえるとか。

そうそう肝心の場所ですが、
toun-wh_09
川を挟んで芝浦アイランド(ケープタワー)さんの目の前。

toun-wh_10
正面入口は海岸通りに面しているので車でのアクセスもバッチリ。

toun-wh_11
このような車寄せもあるので(なんかかっこいいー!)、荷物の出し入れもスムーズに行なえます。というか、いちいち建物内を移動する必要がなく、トランクがここまで移動して来てくれるので便利かも。

ちなみにこちらの建物のほかのフロアには
toun-wh_12
通常のボックスタイプのトランクルーム「TRUNK倉庫」もあります。

toun-wh_13
TRUNK倉庫はやや小ぶりな1,130×1,380×1,700cmのSタイプで9,000円(税別)〜

さらに、いわゆる倉庫として

toun-wh_14
食品関係などさまざまなものが保管されています。

田町新聞
「いやぁ、色々なものが保管されているんですねぇ」

坂田さん
「あ、ほかにもこんな変わりものがありますよ」

と坂田さんが指差す方向を見てみると・・・

toun-wh_15
田町新聞
「な、なんと、これは!!」

ジャーン!!
toun-wh_16
ジュリアナ東京の円形のお立ち台が半分になって重ねて保管されていました。

坂田さん
「そうなんですよ、ジュリアナのお立ち台。実は以前ジュリアナがあった場所とこの倉庫はオーナーが一緒でして。解体したときからここに保管されているようです」

田町新聞
「まさかここで出会えるとは。うーん、これはぜひ平野ノラさんに乗って踊ってもらいたい・・・」

以前、こんな記事も書いていた田町新聞としてはまさに胸熱です。
「ジュリアナ東京の跡地って、今どうなっているの?」
http://tamatch.com/140908juliana.html/

坂田さん
「今ならバブルブームで売れるんじゃないかって冗談で話していました。笑 もう使う予定は無いんですけどね。こちらは高さを低くした二代目だと聞いています」

ということで、多少の制約はあるものの、リーズナブルに荷物を預けられるトランク倉庫。しかも、バブルの残り香とともに保管されるというおまけ付き。田町周辺にお住まいで収納スペースが足りない!とお悩みの方、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。個人的には倉庫のプロ集団だけに、色々と融通を利かせて対応してくれるのもいいなぁという印象でしたよ!

——————–
東運ウェアハウス株式会社

東京都港区芝浦3-5-10
03-3453-4371(8:30-17:00)
URL:http://www.toun-wh.co.jp/
——————–

Share (facebook)