田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

オトナの嗜み! 立ち喰い寿司秘密の貸し切りカウンターへ潜入!

秋といえば、食欲の秋一択!

どうも、田町新聞のノグゾーンです。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、「msb Tamachiの中の立ち喰い寿司に、“秘密の貸し切りカウンター”がある」という、何とも都市伝説のような情報を編集長から入手して、『立喰い寿司 魚がし日本一』ムスブ田町店にやってきました。

uogashi_yahoo02トリ
ここが、立喰い寿司 魚がし日本一 ムスブ田町店。 “これぞ江戸前!”的な作りのカウンターが外からも確認できますが、上品な寿司屋にしか見えません

しかし、寿司屋に“秘密の貸し切りカウンター”だなんて、ちょっと“オトナっぽい…”ムードがプンプンする話ですよね? 田町新聞にはあまりに未知の存在すぎます。えー、ちょっとお高いんじゃないですか? 貴族しか入れないんじゃないですか? 様々な疑問が浮かんでは消えていきます。

uogashi_yahoo03トリ
何はともあれ、まずは、隠されたカウンターの存在を確かめなければなりません

uogashi_yahoo04
いざ潜入です。寿司屋にまったく行き慣れていない田町新聞ですが、挙動不審にならぬよう、ドンッ!と構えていきます

「寿司ねぇ…。先週も行ったけどぉ~~~今日もシ、シース―…寿司っちゃおうかな~~?」とやや大きめの独り言をつぶやきながら、あたかも寿司屋の常連客を装います。不審者っぽいですね。

uogashi_yahoo05
入店しました

「いらっしゃいませ!」

いらっしゃいました。オドオドせぬよう店内へ……

あ、動揺からバックパックの肩紐がねじれてる!! もうダメだ!

uogashi_yahoo06
洗練された美しいカウンター

店員の皆さんは、明るくはつらつとしていてこちらも元気が出ます。寿司職人の方もいらっしゃいますね。プロフェッショナルな空気がビシビシと肌を刺激します。(入店5秒でさらに怯み始める)

uogashi_yahoo07
お寿司のネタが輝きを放っております

uogashi_yahoo08
整然と並んで、なんて上品な佇まい……。田町新聞のために待っててくれたんですね

うわーーー!! ショーケースには、お寿司のネタがいっぱいです!(当たり前)

すでに美味しそう。淡々とやるつもりの潜入取材でしたが、俄然テンションが上がってきました。

はて……?? パッと見、ここまで店内に特段変わったところもないような……

uogashi_yahoo09
カウンターの奥に、怪しげな扉が一つ

ん? こんなところに扉が。

トイレかな? 非常時の誘導灯があるだけで何にも表示がない。明らかに怪しいですね……

uogashi_yahoo10
「一体、中はどうなってるの?」と思ったそばから開ける人

今回は冷徹無比なスパイ作戦ですから。店員さんの目を盗んで、勝手に開けちゃいますよ!

ガラッ!

uogashi_yahoo11
スーッ! 果たしてこの扉の向こう側には!?

んんっ!?

uogashi_yahoo12
そこには幻の……

あった……。都市伝説と思われた、立ち喰い寿司店の奥に隠された秘密の貸し切りカウンターが!! 田町新聞はついにやったぞ…! 見つけたぞ―――!!

???
「あのぉ、ノックもなく勝手に入ってきて、大きな声出すの止めてもらえます…?」

uogashi_yahoo13
顔に魚がし日本一さんのアイコンをつけた謎の人登場

ノグゾーン
「誰だっ!?」

???
「いや、あの、“今日ここで会いましょう”ってTwitterでお約束しましたよ……。茶番は止めてください」

ノグゾーン
「う……もしや貴女が魚がし日本一Twitter公式アカウントの中の人ですか!?」

魚がし日本一 中の人
「はい、私がアカウントの中の人です! 直接お会いするのは初めましてですね。まるで知らないテイで侵入して来てますけど、どちらかというと取材の話を持ち掛けてきたのは、田町新聞さんのほうですよね?」


証拠ツイートの提示

ノグゾーン
「はい、すいません、そうでした。申し訳ありません」

魚がし日本一公式さんの中の人は女性だったのか。……はっ! ということは、きょ、今日はお寿司デート的な流れになる予定ですねっ!? そうに違いない!!

uogashi_yahoo14
証拠ツイートの提示 Part.2

uogashi_yahoo15
空気を読まず寿司職人登場

魚がし日本一 中の人
「(バショウカジキの時速並みのスピードで我関せず)本日握っていただくのは、ムスブ田町店店長で寿司職人の横溝です」

ノグゾーン
「……。当たり前ですが、店長さんの監視の目が鋭すぎて全然デートっぽくない」

uogashi_yahoo16
立喰い寿司 魚がし日本一 ムスブ田町店の貸し切り予約ができる個室カウンター

ノグゾーン
「(気を取り直して)貸し切りカウンターという形は、魚がし日本一さんの中でも多いんですか?」

魚がし日本一 中の人
「ココと八重洲仲通り店、みなとみらい店の3店舗だけです。“立ち喰いのお寿司屋さんで貸し切り個室”という、ありそうでなかった空間をお客様に様々な用途で使っていただきたいなという思いで、あえて店舗の一部を個室化しました」

ノグゾーン
「お寿司屋さんを貸し切るだなんてオトナの夢ですね…。利用する側は、テンション上がっちゃいます。しかも、ムスブ田町店さんにはこの一部屋しかないので、何なら寿司屋丸ごと貸し切ってる感覚になれそうです」

横溝
「お客様にも『奥の個室の感じがいいから使いたい』とおっしゃっていただいていますね」

uogashi_yahoo17
以前は、渋谷・道玄坂の店舗で店長をしていた横溝さん。日本人はもちろん、観光で来た外国人のお客様も多く、「英語は全然なんで単語で説明できる範囲と、あとは笑顔でジェスチャー。ハートですね(笑)」で乗り切ったとのこと

ノグゾーン
「お寿司屋さんの個室というと、高級なイメージというか、ちょっと一歩勇気が出ないですね……。僕なんかだと『特別な使い方をしないと入れないんじゃないか?』と気構えちゃうんですけど」

横溝
「気構えず、普段使いで大丈夫ですよ。誕生日会とか誰かのおもてなしでのご利用は多いんですけど、お客様にはワイワイしながら楽しく使っていただいています」

ノグゾーン
「ほっ…それは安心しました」

横溝
「空いていれば予約がなくてもOKです。お客様の多いランチタイムはこの個室も開放していて、その際お客様に『こういう個室があるんだ』というのを知ってもらっています。それをきっかけに、『夜使えるの?』という問い合わせもいただいていますね」

ノグゾーン
「大々的に広告しているわけじゃなくて、来店していただいたお客様におすすめしているんですね」

魚がし日本一 中の人
「本当はもっと知ってほしいんですけどね(笑)」

ノグゾーン
「えー! 絶対需要多そうだからもっと積極的に宣伝したほうがいいですよ! 田町は再開発が進んでいて、企業さんもすごく増えてますけど、接待や商談などビジネス的な使い方も考慮していたり?」

魚がし日本一 中の人
「個室がほしいというビジネス的な需要も常にありますね。地域のご要望がこの空間を作り上げたというところもあります」

uogashi_yahoo18
シャリを掴む横溝店長。貸し切りは、寿司職人さんを独占する特別感があります

ノグゾーン
「貸し切りだと、カウンターでの接客もやっぱり変わったりしますか?」

横溝
「基本的にオーダーのやり取りは表のカウンターと同じなんですけど、お客様の使い方やご要望に応じて、可能な範囲でご注文に対応できるようにしています」

uogashi_yahoo19
「カウンターは直ですから(笑)」と、お客様の顔を見ながら調理するのは、今でもやはりドキドキすると話す横溝店長

ノグゾーン
貸し切った人のためだけに握ってくれるのは特別感ありますよね〜。キレイに洗練された個室ですが、何かコンセプトは?」

魚がし日本一 中の人
「壁材はシラス壁といって、九州のシラス台地の土を使用しているんです。この素材が匂いを吸ってくれたり、湿度を補給してくれたりするんですね。お寿司屋さんというのは、どうしても魚の生臭さが出やすいんですけれども、それが比較的抑えられるという効果があります」

ノグゾーン
「居心地の良さにこだわって作られているんですね」

魚がし日本一 中の人
「当社は1店舗ずつ、意匠的には違う作り方をしていて。例えば、今年6月にできたアトレ秋葉原に入っているお店は、ゲームや漫画の世界観だとか秋葉原の持つ雰囲気をふんだんに取り入れた作りで、かなりポップな仕上がりになってますよ」

uogashi_yahoo20
表のカウンター。目の前で職人さんが握ってくれるのはやっぱりテンション上がりますね

ノグゾーン
「楽しそーー!! お寿司屋さんって、デザインを統一してどこの店舗でも同じ雰囲気というのが多い気がするんですが、地域ごとに変えられてるのは珍しい?」

魚がし日本一 中の人
「チェーンではほとんど聞かないですね。その分、やるのはすごい大変です(笑)。設計施工はすごく気を使いますね。カウンターの高さや素材に関しては、ある一定の機能を持たせないといけないので」

ノグゾーン
「カウンターも質感がいいですね」

uogashi_yahoo21
立ち飲みのバルだと見かけることがあるカウンターの角落とし。「お寿司屋さんでこういう角の落とし方はあんまりしない」という

魚がし日本一 中の人
「最近作られた店舗では、カウンターの端を斜めにしています。これは必ずやっていて、このほうが手が角に当たらない。触ったときの質感も本物の木なので柔らかいんです」

uogashi_yahoo22
キレイに並んだメニュー札(税抜き表示)

ノグゾーン
「10月から秋めいてきましたが、おすすめの商品は?」

横溝
「秋は、秋刀魚(サンマ)と鰹(カツオ)。あとブランドの赤富士サーモン。富士山の麓の湧き水で育てられた国産のサーモンを全店で扱っていて、おすすめです」

魚がし日本一 中の人
“秋三貫王”というメニューで、その赤富士サーモンと鰹のたたき、生しらすを組み合わせてお出ししています」

uogashi_yahoo23
「秋三貫王」がおすすめ。すじこや秋刀魚も惹かれますね

ノグゾーン
「赤富士サーモンはあんまり知らなくて、お寿司では有名ですか?」

魚がし日本一 中の人
「いや、マイナーですね! ウチ、意外とマイナーなネタが入ってくるんです。コバンザメとか金あなごとか」

横溝
「あなごは結構出ましたね」

ノグゾーン
「店長さんでも食材として新しく触るものが来るんですか?」

横溝
「ありますね。サメが来たときはびっくりしました(笑)。長年やってる板前さんでも『扱ったことないよ』という人がほとんどでしたね」

uogashi_yahoo24
希少な食材が届くと「逆にこちらも楽しみになりますよね。お客様にも“他じゃ食べれません”ということで、珍しいおすすめもできるので」と横溝店長も楽しそう。魚がし日本一 中の人のお顔を拝見できたのは田町新聞だけの特権です。ムフフフ……

ノグゾーン
「職人さんも触ったことがないネタを食べられるのは面白いですね。先ほどの赤富士サーモンは、普通のサーモンとはどんな風に違うんですか?」

横溝
「食べ比べて、味が濃いのは感じましたね。あと、ウチで扱ってる普通のサーモンより色が赤くて、見た目でもはっきり分かります。握りましょうか?」

ノグゾーン
「えー! いいんですか!? ぜひ、ソレいただきます!!」

uogashi_yahoo25
カウンターに立つ横溝店長。先ほどまでの柔らかな笑顔とは打って変わって、キリッと真剣な眼差しに。職人の横顔、カッコいい……

uogashi_yahoo26
手を添えるように素早く優しく

uogashi_yahoo27
職人の手さばき。気品を感じさせます

ちなみに、魚がし日本一では、寿司職人だけではなく、本社の社員さんも全員お寿司が握れるよう、昨年より“握り研修”がスタートしたとのこと。

魚がし日本一 中の人
「経理部でも広報部でも“全員が握れる”会社を目指そうと取り組みました。私も握れます(笑)」

uogashi_yahoo28
握りの完成です。神々しいスポットライトがお寿司に……

uogashi_yahoo29
美しすぎる。美術品か。サーモンの色味の違いもよく分かります

横溝
「手前が赤富士サーモン、奥が通常メニューのサーモンです」

魚がし日本一 中の人
「ネタにちょっとお醤油をかけて。シャリは人肌の温度で、ふわっと口の中でほどけますよ」

uogashi_yahoo30
皆に見守られてちょっと緊張感が漂います。1つめ、赤富士サーモン。いただきます

uogashi_yahoo31
パクッ

脂がのっていて濃厚なサーモンの味がします。おっしゃる通り、シャリは口の中で優しくホロッとほどけました。これがプロの握り……!!

ノグゾーン
「仕事中にカウンターでお寿司食べるのは最高です!!」

uogashi_yahoo32
では2つめ、通常メニューのサーモン。ここで会ったが魚がし日本一30年周年目。真剣勝負です。

uogashi_yahoo33
ん! こちらも美味しい! 「お寿司が出たら、なるべくすぐ食べて欲しいですね」と横溝店長。ちょっと時間が経つだけでお寿司の味が大きく変わってしまうという。出たらパッとつまんでいただくのが粋な食べ方。それが寿司職人さんも一番嬉しいそうです

ノグゾーン
「赤富士サーモンのほうが味が濃く感じましたが、いつものサーモンも脂がのっていて味わいがしっかりしていますね。こうやって、それぞれの味の差を食べ比べできるのは楽しいですね〜!」

魚がし日本一 中の人
「私はいくらが好きなんですが、立ち喰い処では毎月19日に、いくらがドバーッと軍艦からこぼれている『イクラこぼれ』をやってます。ぜひそちらも!」

ノグゾーン
「おお、なんてステキな! では、それもいただきます!」

uogashi_yahoo34
うひょー! 美味しそう! 6月19日は日本記念日協会に認定された“魚がし日本一・立喰い寿司の日”だそうで、この“19”日に、ちなんで『イクラこぼれ』が毎月19日にいつもと変わらぬお値段で食べられるんです! 19(行く)しかない

uogashi_yahoo35
溢れんばかりの…というか溢れているゴージャスないくらの軍艦巻きを、いざ実食。角を落としたカウンターが腕にフィットして、食べやすい

uogashi_yahoo36
田町新聞は「こぼれ」と言われても無論1粒たりともこぼれさせません

uogashi_yahoo37
この横顔でお分かりいただけるだろうか? はい、美味しい。最高です

ノグゾーン
「プチプチッと大量の新鮮ないくらが弾けて、口の中が幸せです」

ところで、何で上の写真の人、最後までバックパックを下ろさなかったんでしょうね? 寿司屋の常連を演出するどころか、オトナな雰囲気に緊張しすぎたド素人、いや誰もこんな恥ずかしいことはしません。

uogashi_yahoo38
いいですよね、寿司職人さんとのこの距離感。「板前さんとの会話が楽しくてご利用されるお客様もいらっしゃられますね」と横溝さん

横溝
「個室カウンターでは気持ちに余裕ができますね。板前としては、表だとどうしても多くのお客様に対応しないといけないので、ある程度スピーディーさが求められるんですけど、こちらではより丁寧な仕事がしやすいです。お客様のお好みに多くお応えできるかなと思います」

uogashi_yahoo39
「ネタの鮮度の良さはもちろんのこと、ウチでは“発酵熟成鮮魚”もやっています。3週間寝かせたマグロは味わいもガラッと変わるので、その魚の一番美味しいタイミングで提供しています」とのこと。熟成皆無な男は、最後までバックパックの肩紐がねじれている

ノグゾーン
「くぅー! 常連になりたい!! 寿司職人さんに覚えてもらえたら嬉しいし、ちょっと特別感が増しますよね」

魚がし日本一 中の人
オトナの階段を上がった感がありますよね(笑)」

ノグゾーン
「貸し切りして寿司職人さんに顔パスできたら、『自分イケてるんじゃないか』と勘違いできそうです(笑)」

ということで、msb Tamachiの一角にある、立ち喰い寿司屋さんの誰でも予約できる貸し切りカウンターは、おもてなしの心が詰まった素敵な空間でした。

貸し切りカウンターの予約方法は、利用したい日の2日前までにお店へ電話でOK。利用は4名から最大6名、予約可能な時間は15時以降で2時間制となっています。これは特別な日だけではなく、普段でも気軽に利用したいですね!

これで田町新聞も少しはオトナになれたかな……?

しかし、もっと食べたかったーー!(コドモ)

——————–
立喰い寿司 魚がし日本一 ムスブ田町店

東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 1階
03-6809-6428
営業時間:11:00~23:00
営業日:年中無休
——————–

田町新聞FBもチェック

Share (facebook)