田町新聞は東京・田町(三田、芝浦)の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

田町が好きすぎる占い師、“田町の兄“って知ってる!?

「田町新聞を名乗るからには、田町に関する情報を幅広く収集しなければならない!」
と、ぶつぶつひとり言をいいながらネットを徘徊していると、
Twitterでこんなアカウントを見つけました。

tamachibrother_01

田町の兄・・・

tamachibrother_01b
こんな感じで日々、占いを投稿しているようです。

うん、見るからに怪しい。

これは触れないほうが良さそうだ、と思いながらも、
田町を代表してリサーチしたほうがよいのでは、という使命感に駆られます。

ということで、
恐る恐る田町の兄に取材依頼のメッセージを送ったところ、

「あ、いいですよ〜!」

とまさかの一発OK。

早速、田町の兄、ご本人に取材してまいりました。
tamachibrother_02b
実際にお会いしてみると、爽やかで物腰も柔らかく、とてもおかしなことをする人には見えません

田町新聞
「えーと、まず田町の兄さんは本業と言いますか、普段、何をされている方なのですか?」

田町の兄
「ある人材企業グループの障がい者雇用を専門とした子会社に勤務しています」

大人の事情でここには書けないのですが、名刺には誰もが知っている人材大手のロゴが・・・

田町新聞
「な、なんと、そんなちゃんとした会社の、ちゃんとしたお仕事をされている方がなぜこんな・・・あ、いやなぜこういったアカウントを・・・」

田町の兄
「実はオフィスが田町の駅前にあるのですが、個人的に田町がものすごく好きでして

田町新聞
「我々が言うのも何ですが、堂々と田町が好きという人はなかなか珍しいです」

田町の兄
「え、そうですか?前職では同じグループの別会社で派遣営業をやっていたのですが、品川〜浜松町辺りが営業エリアで、一番アポを取れたのが芝浦の企業さんだったんですよね。美味しいラーメンのお店も多いし、変わったお店もあるし、田町好きだなぁ

田町新聞
「そ、それは何よりです。でもなぜTwitterで田町の兄をはじめようと思ったんですか?」

田町の兄
「私、人材開発をずっとやっていて様々な研修を行ってきたのですが、バカなことでも、本気になって色々なことを体験して実現して形にしていくというプロセスが一番勉強になるというのが、成功体験としてあって。コミュニティーが生まれ、勉強し合うんですよね」

田町新聞
「ふむふむ」

田町の兄
「で、ある時、女性向けの研修を手伝うことになって、女子ウケすることを覚えてくださいと言われまして。女子ウケするのは何だ、と周りに聞いたら“占いです!”と言われて、手相を勉強することにしたんです。一見バカなことだけれども、僕らにとっては勉強という定義なので」

田町新聞
「なるほど、意外と真面目な動機で驚きました」

田町の兄
「あと、女子の手にさわれそうだし 笑」

田町新聞
「うん、ちょっと不純な動機があってむしろ安心しました」

田町の兄
「ただね、手相がどうにも難しくて覚えられなくて・・・で、また周りに聞いたらタロットならできるんじゃないかと」

田町新聞
「なるほど、でタロットを習得してTwitterで投稿するようになったというわけですね」

tamachibrother_02
ちなみにスピリチュアルなことはまったく分からないので、非スピリチュアル系をうたって本職の占い師に怒られないようにしているとか

田町新聞
「田町の兄というネーミングはどこから?」

田町の兄
「たまたま同級生に“○○(地名)の兄”というガチの占い師がいて、それに対抗したくて」

田町新聞
「対抗って 笑
では、タロットはどのようにして習得したんですか?」

田町の兄
「いやぁ本がまったく頭に入らなくて。Youtubeで学びました」

田町新聞
「今どきかよ!
なんか薄っぺらく感じちゃうんですが・・・」

田町の兄
「いやいや、手相で後悔してるじゃないですか?だから、一ヶ月くらい真剣に学びましたよ。会社の昼休みに同僚などを占っていますが、当たると評判ですよ!」

田町新聞
「え〜ホントですかぁ〜(完全に信じていない)。
じゃあ、ここで占ってみてくださいよ!」

ということで、急遽タロット占いを実演していただくことに。

占ってもらうのは、たまたま近くにいた31歳の男性です。

田町の兄
「では、時間の関係もあるので簡単なものをやりますね。スリーカードオラクルと呼ばれるいわゆる入門編です」
tamachibrother_03
カバンからカードを取り出して、なんだかそれっぽくなってきました

田町新聞
「ちゃんとカードは持っているんですね」

田町の兄
「まだ疑っているんですか!だからちゃんとやっていますって!これは猫のタロットなんですよ。ちなみになんでこれを選んだかというと、女子ウケするかと・・・」

田町新聞
「あ、そういうのはもういいので・・・」
tamachibrother_04
タロットにはいくつか種類があり、田町の兄はウエイト版で勉強しているとのこと

田町の兄
「えーと、では何を占いましょうか」

31歳男性
「結婚相手候補とめぐりあうにはどうすればよいでしょうか」

田町の兄
「それは頑張っているけれど彼女ができないのか、そもそも頑張っていないのか」

31歳男性
「正直言うと、自分はそれほど危機感を感じていないですね。できたらいいなぐらいで。ただ最近、両親とか周りから言われるようになって・・・」

田町の兄
「ふむふむ、では3枚引いて順番を決めて置いてください」
tamachibrother_05
ざざっと並べた中から、3枚を選びます

田町の兄
「未来は過去をどう捉えるかによって変わるので、過去から見ていきます」

田町新聞
「おぉ〜、ぽいですね」

田町の兄
「ぽいでしょ 笑」

tamachibrother_06
どうやら本当にちゃんと占っているようです。

で、占ってもらった結果をぎゅぎゅっと、まとめるとこんな感じ!

1枚目(過去)
tamachibrother_07
恋愛で過去に彼女とうまくいかなかった理由を、駄目だと気づきながらも放置していた、自己改善しなかった。

2枚目(現在)
tamachibrother_08
放置して同じことを繰り返して失敗してしまった結果、それがトラウマのようになっていて、今もブレーキを踏んでしまう。

3枚目(未来)
tamachibrother_09
どんと構えてきちんと秩序的に正しく行えば、手に入れたいものが手に入る。自分の足できちんと乗り越えれば、バランスが取れて安定して一緒に過ごせるような人を選べる。

ひと通り田町の兄の占いを聞いた後に、31歳男性に話を聞いてみると・・・

31歳男性
「す、すごい・・・」
「実は僕、今まで恋愛して同棲までした人が3人いるんですが、その全員からDVを受けた経験があって・・・だから新しい恋愛になかなか進めなくて」

田町の兄
「いやぁよかった!すごくない!?マジ?やったよ!先週忙しくて誰も占っていなかったからさぁ、ちょっと心配だったんですよ〜、的を得ていてよかったなぁ」

tamachibrother_10
占ってもらった本人より俄然テンションが上がっちゃっている田町の兄・・・

田町新聞
「いや、確かに怖いぐらい当たっていますけど、思いのほか内容が重くて田町新聞には抱えきれないっす・・・汗」

田町の兄
「まぁまぁ、でもこれでちゃんと占っているのを信じてもらえたでしょ?」

ちなみに平日は朝起きたらタロットを1枚引いて、そこからコメントを考えて毎日Twitterにアップしているそうです。

田町の兄
「あ、あとタロットって、せいぜい3ヶ月先までしかみられないんですよ。このままだとこうなるよ、だから今をちゃんとかえりみましょう、どちらかというと自分をちゃんと振り返るためのものですね。内省の時間って研修でも一番大事だと言われていて
いくらでも未来は変えられる、ということです」

田町新聞
「最後にそんなかっこよく締めるなんてずるい・・・」

ということで、
田町が大好きな、ちょっと、いや、かなり変わった会社員が運営しているタロット占いのTwitterアカウント。平日はほぼ毎日更新しているそうなので、覗いてみてはいかが?
気になった方は問い合わせもTwitterのDMで受け付けているそうですよ!

何やら本当に当たるようなので、田町のイベントにも登場してほしいなぁ〜

——————–
田町の兄

URL:https://twitter.com/tamachinoani
——————–

Share (facebook)